Photornaはどのようにしたら飾ることができますか?

裏側にアルミ製の壁掛け用冶具(通称:C型チャンネル)が取り付けられていますので、壁等に2本のネジまたはフックを取り付けていただくことにより、簡単に飾ることができます。壁にネジまたはフックを取り付ける場合は、十分な強度があることをご確認ください。

2014年8月18日

写真の色味は、従来の印画紙と同じですか?

アクリル板へのプリントは、大型インクジェットプリンターを用いて行います。そのため、使用できるインクはメーカー指定の5色(Y/M/C/B/W)に限定されています。つまり、印画紙の発色剤とは異なるものを使用してプリントすることになります。従って、印画紙とは微妙な色味の違いが起こることがあります。
また、全く同じ色味であったとしても、プリント材料の紙とアクリルの違いにより、見た感じが異なってきます。

2014年8月18日

印画紙と比べて、Photornaにはどのような特徴がありますか?

アクリルは、極めて平滑性が良いため、表面での光の乱反射はほとんどありません。一方、印画紙は、表面に繊維の細かな凹凸があり、光は大きく乱反射します。従って、アクリルでは、印画紙に比較して、色が濃く、鮮明な画像になります。この特徴は、メリハリのある画像(空、海、水、風景等)にとっては、非常に効果的です。一方、柔らかなトーンの画像(人肌等)では、印画紙より硬調になり易く、画像によっては、少し荒れ気味となります。
また、印画紙は表面に形成された画像をそのまま見るのに対して、Photornaの場合は3mm厚のアクリルを通して画像を見ることになるため透明感が出てきます。

2014年8月18日

汚れが発生した場合、どのように汚れを落とせばいいですか?

画像面、アクリル面共に、絶対にアルコール、シンナー、ベンジン等の溶剤を含む薬品では拭かないでください。
a)画像面(インク面)
・キズをつけたり、落下等の衝撃を与えないようにしてください。
・ほこりが付着した場合は、こすらず、柔らかな布で払い落としてください。
・絶対に、水、洗剤等の液体で拭かないでください。
b)アクリル面
・細かなキズが付き易いので、表面を乾いた布で強くこすらないでください。
・わずかなほこりや汚れを落とす際は、メガネ拭き用の布で優しく拭いてください。
・ほこりや汚れがひどい場合には、水で薄めた中性洗剤(1%)を使用し柔らかい布で拭き取ってください。
・ほこりの付着を防止したい場合は、市販の帯電防止スプレーをお勧めします。

2014年8月18日