プリント方法

1250mm×2500mm厚さ50.8mmの板材まで印刷可能なプリンターでPhotornaは制作されます。しかし高品質の作品を創る為には、単に機械が有れば出来るという訳ではなくプリントのノウハウが必要で印刷方法の特許を申請中です。

「Acuity EY」プリンターを使いアクリルの裏面にデータを反転させ高精細なプリントをします。その後このプリンターの特徴でもある白インクを写真画質にする為にプリントします。最後に光を通さない為に黒をプリントします。


Acuity EY
メディアサイズ:1250×2500mm
(ロール最大幅:2200mm)
解像度:300×450dpi,600×450dpi

プリント方法動画


データサイズ

Photornaのデータサイズの目安ですが、作品の内容によって異なりますが目安として下記サイズですと概ね大丈夫です。尚、表示している画素数はカメラのカタログで表示している画素数ではありません、一般のコンパクトデジカメでも最高の画質で撮影されていればほとんどの場合、プリントに問題はありません。 データ入稿後に画質を確認いたしますので、データ量が不足し良質なプリンタができない可能性が有る場合、お客様にプリント前に確認させて頂きますのでご安心下さい。
 タイプ  画素数目安  データサイズ目安 (jpegの場合) 備 考
Compact  900万画素  10~20M  2M前後の作品も多数あります
Pro  1500万画素  40~60M 10M前後の作品も多数あります
【デジタルデータがない場合】 プリント又はポジフィルムの場合、お預かりし協力会社にてスキャン致しますので、ご連絡下さい。